冠婚葬祭プランナーの仕事とは

冠婚葬祭と言う言葉は、日頃良く耳にする言葉です。
これは、成人式や結婚式・葬式を指す、冠・婚・葬と、先祖の霊を祀る事を指す祭の4文字から成ります。
そして、結婚式や葬式と言った、人の一生の中でも重要なセレモニーの構成や演出を取り仕切るのが、プランナーの仕事です。
結婚式では、挙式や披露宴の様々な段取りの一切を取り仕切るウェディングプランナーが活躍し、新郎新婦に喜んでもらえたり、滞りなく進行し、無事に終えた時には、大きな達成感を味わうことが出来ます。
特に資格を持っていなくても仕事は出来ますが、民間資格を取得することで、自分に自信が持てるとともに、ステップアップにもなります。
一方葬儀では、通夜や告別式を取り仕切り、準備や進行などを任されます。
遺族の信頼を得て、感謝の気持ちを掛けてもらった時には、やりがいを感じるものです。
葬儀に関する一定の知識と技能を身に着けることが出来る、葬祭ディレクターには1級と2級があり、資格を持っていると、業界では有利になります。