冠婚葬祭のプランナーってなんでしょう

 冠婚葬祭のプランナーとは、どんな仕事でしょうか。
人生で大事な節目である、婚礼と葬儀に関することを取り仕切る仕事です。
 まず、婚礼のプランナーはどのようなことをするのでしょう。
こちらのほうが想像しやすいとは思いますが、挙式、披露宴の細部までを当人たちと話しながら決めてコーディネートするのです。
一生に一度のことですから、夢や希望が多いでしょう。
挙式場所・披露宴の料理・花・席次・進行に至るまで何度も打ち合わせを重ねていくのです。
当日終わって、良い結婚式だったといわれるのが、なによりの褒め言葉でしょう。
 葬儀のプランナーは、どのようなことをするのでしょうか。
人生の最後を迎えた方の遺族と、どのような葬儀にするかを、亡くなった方の希望なども聞きながら、決めていくのです。
宗派に始まり、葬儀の形式(家族葬、社葬、その他)にも本当にいろいろな形式・方式があるので、希望に沿った形を、遺族と決めていくのです。
滞りなく終わった時に、達成感があるのだと思います。